オリジナル室内履き

オリジナル室内履き

 

京都府新商品・サービス販売促進支援制度の認定を頂きました。

 

職人が一足一足手作りをしているパザパブランドから、フットクリエイト
オリジナルの室内履きが登場しました。西陣織をぜいたくに使った室内履きは、贈り物としても喜ばれそうです。もちろん、オーダーメイドインソールもお使い頂けます。

又、お手持ちの素材で室内履きをお作りすることも出来ますのでご相談ください。

 

西陣織室内履き

西陣織室内履き

西陣織室内履き

価格:14,000円(税別)より

サイズ:21.5~24.5

アルトラ スポーツシューズ

アルトラ スポーツシューズ

 

フットクリエイトがお勧めいたします。
足に優しいウォーキング&ランニングシューズ

アルトラを初めて見た時、一目で虜になったのは、靴の形。フットクリエイトを始めた頃に扱っていた、ドイツ靴と同じ、足の形そのままの靴。履いて走ってみると、何も履いていないかのような、ストレスを感じさせない履き心地を体験することができました。

アルトラ

歩く~走るまで、幅広く使って頂ける「アルトラ」の、ストレスを感じさせない履き心地を探りましょう。

新商品が入荷いたしました。詳しくはお問い合わせください。

 

フットクリエイトコラム 2月号 2020

《目次》

【今月のひとこと】            知覧

【足と靴の雑学】        踵のひび割れ

【書斎ウォーキング】            閉鎖病棟

【今月のお知らせ】          小さなお子様がおられる方へ

 

【今月のひとこと・ふたこと・みこと】           知覧

 

四本の足を持つ馬でさえつまずく

 

櫻井寿美

昨年、「ホタル帰る」という本を読みました。戦争末期、沖縄を何としてでも死守しようとする陸軍の命令は、戦闘機で敵の軍艦に体当たりするというものでした。もはや作戦でもなんでもありません。国家が、将来ある若者に、そのようなことを命ずるなど、もう狂気としか言えない、そんな状況でした。

 

この本は、特攻として死んでいく若者たちと、軍の指定食堂のおかみさんとの、交流の記録です。どのエピソードも心打つもので、彼らがどんな思いで死んでいったのか、もっと知りたいと、先月の末、ようやく鹿児島県にある特攻の地、「知覧」へ出向くことができました。

 

沖縄へ向かった、若者たちの顔写真をはじめ、家族に遺した手紙などが展示され、1人1人のかけがえのない人生が、確かに有ったことを、深く胸に刻んできたのでした。

二度と、若い命を無駄にさせない。そのために私達ができることは、語り継いでいくことなのだと、記念館を後にしました。

 

今月もよろしくお願いいたします。

 

 

【足と靴の雑学】              かかとのひび割れ

例年に比べて暖かいとはいえ、やはりこの季節、朝の寒さは堪えますね。寒い時期は、空気も乾燥し、エアコンも使うため、肌の乾燥がとても気になります。お顔であれば、毎朝毎晩のお手入れ、手はハンドクリームを使って、ケアはしていても、足の裏となると、放置されている方が多いのではないでしょうか。

 

足の裏には毛穴が無く、毛穴から分泌する皮脂がないため、何もしなければ乾燥するばかり。おまけに皮膚が分厚いので、深いひび割れなどができてしまいます。

この季節、体の中で最も乾燥対策をしなければならないのが、足の裏なのです。少々面倒でも、毎朝毎晩、しっかりと保湿クリームを塗ることがまずは基本です。それが面倒な方には、夜履いて寝るだけでかかとがしっとり保たれる、「かかとケア」専用の靴下もあります。

 

足のひび割れも、酷くなると痛みが生じ、それをかばうために足の他の部分が痛くなったり、転倒を起こすリスクもあります。たかが踵の乾燥と、軽く考えず、万全な対策をいたしましょう。

 

 

【書斎ウォーキング】                閉鎖病棟    

チュウさんと昭八さんは、向かい側の、菊病棟にいる敬吾さんに会いに行った。

 

敬吾さんは入院してからまだ一年も経たない。素足にサンダルばきでついて来ようとするのを昭八さんがひきとめた。カーディガンの上にジャンパーを着せ、運動靴に履きかえさせる。寝癖のついたままの髪の毛にも櫛を入れる。敬吾さんは、母親に身づくろいをしてもらう新一年生のように神妙にしていた。

 

敬吾さんは、初めて病院に連れて来られたときからすれば、ずいぶん優しい顔になった。あのとき三人がかりで車からひきずり出された敬吾さんは、眼を吊り上げ、棒立ちで空を睨んでいた。肩まで伸びた髪はポマードを塗りたくったように固く、首筋に茶色い垢がこびりつき、足の爪はぐるっと指を巻きこんでいた。「閉鎖病棟」 帚木蓬生

——————————————ひとこと—————————————-

精神病棟に入院する患者を描いた作品。入院中のチュウさんと昭八さんが、仲間の敬吾さんと一緒に外出しようと、誘いに行った場面です。

 

 

【今月のお知らせ】 

【フットクリエイト会員様 フットクリエイトにカルテが有る方】

2月が誕生月のフットクリエイト会員様に 足の健康定期チェック(無料)&特別割引を実施致します。ご来店頂いた該当会員様には誕生月特典として商品代金から10%の割引とプレゼントをご用意しております。

 

  • お子様やお孫さんがおられる方へ

 これまで取り扱いをさせて頂いていた子供靴は、取り扱いを中止いたします。これに伴い、店舗にある子供靴を格安で提供させて頂きます。

アサヒ健康くんの上履や外履きが中心で、12.0~23.0㎝、現行モデルもありますので、サイズが合えばお得です。(全商品30~50%OFFです)

 

 

 

ボディケアメニューのご紹介         詳しくはお問い合せください

  • 姿勢改善教室ゆがみーる       好評につき、日程が増えました

日々の生活の積み重ねによって、多くの人が体にゆがみを抱え、肩こりや腰痛、不定愁訴を感じていると言われています。教室では、姿勢評価システムを用いた測定と、それに基づいたアドバイス、および改善のための個別指導を行います。丁寧に指導して頂けるので、受けられた方には非常に人気のあるメニューです。

日 時: 2月14日(金)、20日(木)、25日(火)

3月13日(金)、19日(木)、24日(火)

いずれも10:00~17:30(最終受付)、予約状況は直接お問合せください。

講 師:茨木克也氏(健康運動指導士)

料 金:個別指導30分 3000円

※初回のみ、姿勢測定、カウンセリング、指導セットで、60分5000円

お電話にてご予約ください。

 

 

  • 自力整体教室 毎週火曜日(祝日は除く)10:30~12:30 (少人数)

安達瑞宮

講師:ナビゲーター 安達実保氏

料金:1回 2000円  チケット4回分6000円

内容:自力整体とは人にしてもらう施術ではなく、自分の体の重みを使いツボを加圧したり、揺さぶり、脱力しながら氣の流れを整えます。年齢を問わず体が硬くても始められるセルフ整体です。

 

 

 

◆定休日のご案内◆ 

2月2日(日)、3日(月)、9日(日)~11日(火)、16日(日)、17日(月)、23日(日)、24日(月・祝)※16日(日)は、ご予約の方のみの営業です。

フットクリエイトコラム 2020年1月新年号

 

《目次》

【今月のひとこと】           地域輝き賞のこと

【足と靴の雑学】          髪の毛の話

【書斎ウォーキング】             悪寒

【今月のお知らせ】           お客様感謝祭

 

【今月のひとこと・ふたこと・みこと】      地域輝き賞のこと

 

百足の足は死して僵れず

 

櫻井寿美

2020年の幕開けです。今年はオリンピックイヤー。3月には聖火リレーがスタートし、8月にむけ、国中、オリンピック一色に盛り上がっていくのでしょうか。オリンピック開催で、今年は祝日の移動も多いようで、何となく落ち着かない一年となりそうです。

 

昨年12月、フットクリエイトは、京都市から「地域輝き賞」という賞を頂きました。企業規模にかかわらず、京都市内で地域に根差して活動を続ける事業者を讃えるために創設された賞で、私たちは「元気で100歳クラブ」などの取り組みを評価して頂いたようです。

「地域輝き賞」

小さな店ではありますが、頂いた賞に恥じないように、これからも多くの方のお役に立つ、活動を続けていきたいと思っています。

 

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

【足と靴の雑学】                 髪の毛の話

京都はお坊さんの多い町ですが、冬場、頭は寒くないのかと、いつも心配になります。お坊さんのように、自発的に毛髪を剃るのは、身を清め、俗世との関係を断つという決意をあらわすためだそうですが、自発的ではないケースもあるようです。

 

アレクサンドロス大王は、兵士たちの髭を禁じることで、屈従を表明させたそうです。中国では清王朝が成立したとき、満州族の習慣であった弁髪をすべての人民に強要したそうです。また、古代ローマ人も、征服した北方民族の髪とひげを剃り落としたそうです。

 

日本では、鎌倉幕府が定めた御成敗式目に、人前で女性を犯した武士に、片方の鬢髪を剃り落とすという刑罰があったそうです。

 

洋の東西を問わず、強制的に髪の毛を剃るというのは、屈辱的なことだったようです。

参考:「ハゲの文化史」荒俣宏

 

【書斎ウォーキング】                  悪寒

あわてて上半身を起こし、頭を強く左右に振った。完全にもやもやが消えないうちに、室内電話が鳴っていることに気づいた。歌声の正体はこれだった。

スリッパの履くのももどかしく、ベッドから降り裸足でデスクまで歩いて、受話器を取り上げた。

 

「もしもし」

ひどい咳をした翌朝のように声が割れていた。

<おはようございます。こちらフロントでございます。藤井賢一様のお部屋で間違いございませんでしょうか>

「ええ、藤井です」

 

<お休みのところ大変申しわけございません。フロントにお客様がお見えでございます>

備えつけの時計に目をやると、午前八時を少し回ったところだ。思いのほか寝過してしまったらしい。

「誰ですか」

 

警戒心を隠さなかった。真っ先に頭に浮かんだのは、昨日会った真壁とかいう刑事の目だ。

 「悪寒」伊岡瞬

—————————————–ひとこと——————————————-

単身赴任中の藤井の元に、突然、奥さんが殺人容疑で逮捕されたという知らせが入り、事情がわからないまま、自宅付近のホテルに泊まっている場面です。

 

 

【今月のお知らせ】 

【フットクリエイト会員様 フットクリエイトにカルテが有る方】

1月が誕生月のフットクリエイト会員様に 足の健康定期チェック(無料)&特別割引を実施致します。ご来店頂いた該当会員様には誕生月特典として商品代金から10%の割引とプレゼントをご用意しております。

 

 

【お客様感謝祭】 1/4(土)~11(土) ※1/5(日)は営業いたします

年の初めの「お客様感謝祭」、今年も開催いたします。お時間のある方は、ぜひお立ち寄りください。

 

  • 在庫商品に限り20%割引
  • アルトラアウトドアモデル試し履き&頒布会
  • 青汁の試飲会
  • お飲み物、おつまみコーナー
  • ハズレ無しの抽選会

 

 

ボディケアメニューのご紹介         詳しくはお問い合せください

  • 姿勢改善教室ゆがみーる         好評につき、日程が増えました

茨木克也

日々の生活の積み重ねによって、多くの人が体にゆがみを抱え、肩こりや腰痛、不定愁訴を感じていると言われています。教室では、姿勢評価システムを用いた測定と、それに基づいたアドバイス、および改善のための個別指導を行います。丁寧に指導して頂けるので、受けられた方には非常に人気のあるメニューです。

 

日 時:1月10日(金)、16日(木)、28日(火)

2月14日(金)、20日(木)、25日(火)

いずれも10:00~17:30(最終受付)、予約状況は直接お問合せください。

講 師:茨木克也氏(健康運動指導士)

料 金:個別指導30分 3000円

 

※初回のみ、姿勢測定、カウンセリング、指導セットで、60分5000円

お電話にてご予約ください。

 

 

  • 自力整体教室 毎週火曜日(祝日は除く)10:30~12:30 (少人数)

安達瑞宮

講師:ナビゲーター 安達実保氏

 

料金:1回 2000円  チケット4回分6000円

内容:自力整体とは人にしてもらう施術ではなく、自分の体の重みを使いツボを加圧したり、揺さぶり、脱力しながら氣の流れを整えます。年齢を問わず体が硬くても始められるセルフ整体です。

 

◆定休日のご案内◆ 

1月1日(水)~3日(金)、6日(月)、12日(日)、13日(月)、20日(月)、26日(日)、27日(月)

※1/5(日)は営業いたします。

 

 

ご購読頂きましてありがとうございます。

聴くだけで健康寿命を10年伸ばす真島先生のお話会(終了)

桜井一男です。

11月3日、多くの方にご参加頂きましてお話会は終了いたしました。

ご参加頂きました皆様、有り難うございました。

 

やはり、皆様の反応は同じと申しましょうか、テレビ、メディア等で取り上げられている健康情報を日々の生活に取り入れておられるご様子でしたが、真島先生の長年の研究内容とはかけ離れた情報に大変驚かれておられました。良いと思っておられた食生活が実は間違った情報であったり、習慣にするとプラークの原因をつくったりする証明写真には説得力がありました。

 

真島先生には、大変お忙しい中、京都までお越し頂いたことに感謝申し上げます。

 

 

 

 

プレス22号でも紹介させて頂いた、「脳梗塞・心筋梗塞・高血圧は油が原因」の著者、真島康雄先生を久留米からお招きしてのお話会です。スタッフ櫻井一男が、軽い心筋梗塞の後、多種類、大量の薬を処方され、「これを一生服用し続けなければいけないのか…」と絶望感を味わった際、お出会いした先生です。

 

お蔭様で、今では薬もほぼゼロになり、スリムになって、マラソン大会にも出られる体を取り戻しました。普段は診察中心で、積極的な講演活動はされていない真島先生に、今回京都までお出まし頂けるという、またとない機会を作って頂きました。

 

いつも検診でひっかかる方、循環器系の病気、心筋梗塞や脳梗塞などで大量の薬を服用されている方、体重過多の方など、ご自身や家族の体のことを真剣に考えておられる方に、参加していただきたいお話会です。会場が広くないので、申込順で受付けさせて頂きます。

 

日 時:2019年11月3日(日)文化の日

場 所:ちおん舎

会 費:1500円

定 員:50名(先着順)

 

ちおん舎

ちおん舎