フットクリエイト コラム 4月号 2017

《目次》
【今月のひとこと】       大政奉還
【足と靴の雑学】        サリーちゃん足
【書斎ウォーキング】      夜明けの雷鳴
【今月のお知らせ】       メッシュの季節です

 

【今月のひとこと・ふたこと・みこと】       大政奉還

人生で最も重要な事は勝つことではありません
歩み続けることです
ホセ・ムヒカ

 

櫻井寿美

今年2017年は、近代日本の始まりともいえる「大政奉還」から150年目の節目
の年だそうです。そしてその舞台となったのが、二条城の二の丸御殿大広間。
ほんの150年前に、わが国を大きく変える出来事が、こんなに身近なところで
起こっていたのです。

 

江戸時代から明治時代への転換は、昭和から平成というようなものではなく、
政治も経済も文化も庶民の生活にいたるすべてのシステムが変わるわけです
から、とてつもないエネルギー無しには成し遂げることはできなかったでし
ょう。まさに「明治維新」という言葉通りの改革です。その大きな改革から
150年、社会のシステムも少し見直す時期なのかもしれませんね。

 

二条城では4月16日まで桜まつりが開催され、城内の桜もライトアップされて
いるそうです。歴史のロマンを感じながらのお花見などいかがでしょうか。

 

 

【足と靴の雑学】           サリーちゃん足

昭和30年代あたりの方なら覚えておられるでしょうか、アニメ「魔法使いサ
リー」。私も毎週欠かさず楽しみに見ておりました。そのサリーちゃんは、
いつも白いハイソックスに赤い靴という出で立ちでしたが、その足にはメリ
ハリがなく、「ずぼん」とした足であったことを覚えておられるでしょうか。

 

そのような足のことを「サリーちゃん足」というそうです。
青山学院大学陸上部のフィジカルトレーナー、中野ジェームズ修一氏の著書
によると、サリーちゃん足の人の歩き方を見ると、みんなスリッパを履いて
いるときのような歩き方で、歩行スピードが遅く、足音がペタペタしている
のだそうです。

 

スリッパやつっかけなどを普段から愛用していると、歩行時の「蹴り出し」
がない歩き方となり、ふくらはぎの筋肉も鍛えられず、結果的に「サリーち
ゃん」足となってしまうそうです。

 

ちょっとそこまでという際も、できれば足の筋肉をしっかり使うことのでき
る、ウォーキングシューズを履きたいですね。

参考:下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」中野ジェームズ修一

 

 

【書斎ウォーキング】         夜明けの雷鳴

芸がはじまり、定吉は肩に長い竹を立て、少ししなわせた後、直立させた。

 

そこにオーライという芸名の息子が素速くよじ登り、頂上に達すると竹は左
右に大きくしなった。観客は、オーライが落ちるのではないかとおびえた声
をあげていたが、定吉が肩を静かに動かすと、竹は安定した。オーライは、
竹に足をからめると、左右にしなう竹に頓着なく満足そうな歓声をあげて手
にした扇子をひらいてあおぐ。

 

次にオーライは、竹を両手でつかむと、両足を宙に突き出して体を風車の
ように回転させた。竹は激しくしなうが折れも倒れもせず、熱狂した観客は
一斉に立って歓声をあげ、拍手した。

 

ついで、定吉はふとんの上に仰向けになり、両足を高くあげて長い梯子を
支えた。オーライが素速く梯子を登り、身を乗り出して扇子を使ったり、と
んぼ返りをしたりする。そのうちに舞台上の助手が梯子の片方の脚をはずし、
観客の中から恐怖の声があがったが、オーライは落ちそうになる仕種をしな
がらも、定吉の足に支えられた一方の脚にすがり、頂上に登ると、足をから
めて宙吊りになった。この芸にも、観客は」興奮した。

「夜明けの雷鳴」吉村昭

—————————-ひとこと——————————-
パリの医学校で学んだ、幕臣医、高松凌雲の生涯を描いた小説です。

場面は、パリの万国博覧会へ、幕府代表として赴いた徳川昭武の随行医とし

て、凌雲が、昭武とともに日本代表の公演を観賞している様子です。

 

 

【今月のお知らせ】

【フットクリエイト会員様 フットクリエイトにカルテが有る方】

今月は4月がお誕生日月のフットクリエイト会員様に 足の健康定期チェック
(無料)&特別割引を実施致します。4月中にご来店頂きました該当会員様に
はお誕生日特典として商品代金から10%の割引とプレゼントをご用意してお
ります。(商品割引は今月中何回でもご利用頂けます。)
※以下、料金はすべて税別表示です。

 

 

【メッシュタイプのウォーキング】

4月に入り、気温もぐんぐんと上昇してくると、気になるのが足元。この季節
のウォーキングをより快適にしてくれるのが、メッシュタイプ。アサヒメデ
ィカル、ヨネックスともにこの春は新作のメッシュタイプが登場しました。
どちらも、最高の履き心地、自信を持ってお奨めできるメッシュたちです。

ヨネックスメッシュタイプ

価 格:13,000円

サイズ:男性24.0~28.0センチ、女性22.0~25.0センチ
カラー:男性ネイビーブルー、ブラック、女性ライラック、ホワイト、ブラック

アサヒメディカルメッシュタイプ

 

価 格:男性17,000円、女性16,000円

サイズ:男性24.0~28.0センチ、女性21.5~25.0センチ
カラー:男性ブラック、シルバー、女性ワイン、ホワイト、シルバー、ブラック

ボディケアメニューのご紹介     詳しくはお問い合せください

●ゆがみーる姿勢教室             4月5月

日々の生活の積み重ねによって、多くの人が体にゆがみを抱え、肩こりや腰
痛、不定愁訴を感じていると言われています。姿勢評価システムを用いた測
定と、それに基づいた1人30分の個別指導を行います。空の或る日時をお知らせいたします。(先着順)

日時:4月1日(土) 13:30~、14:00~、15:00~、16:30~
5月6日(土)13:30~15:00まで、16:00~17:00までの各30分
料金:測定2000円、指導(30分)2000円 セットで3000円
申込:個別指導のため、お電話でのお申し込みをお願いいたします。

 

 

●自力整体教室 毎週火曜日(祝日は除く)10:30~12:30 (少人数)

講師:ナビゲーター 安達実保氏

料金:1回 2000円  チケット4回分6000円
内容:自力整体とは人にしてもらう施術ではなく、自分の体の重みを使いツ
ボを加圧したり、揺さぶり、脱力しながら氣の流れを整えます。年齢を問わ
ず体が硬くても始められるセルフ整体です。

●オプティマルボディケアセンター    4月23日(日)(個別・要予約)

施術:中村 圭一氏 ナカムラ接骨院院長(長岡京市)柔道整復師
J.C.A日本カイロプラクティック総連盟認定カイロプラクター、
JOPA 日本オステオパシープロフェッショナル協会講師

内容:柔道整復師として30年以上の実績を持ち、様々な手法を駆使した治療は,多くの患者さんからの支持や信頼を得ています。体のゆがみやそれに伴う種々の症状に向き合い、整骨、接骨、カイロプラクティック、オステオパシー・
テーピングなどの技術による丁寧な治療を行います。

料金:初診料1000円税別(フットクリエイト会員様は免除)
施術料5000円税別(1回30~40分)※症状や施術内容により多少異なります。
外反母趾矯正テーピング片足1000円税別

 

 

 

◆定休日のご案内◆

4月2日(日)、3日(月)、9日(日)、10日(月)、16日(日)、17(月)、
23日(日)、24日(月)、29日(土・祝)、30日(日)です。
今月もよろしくお願いいたします。

フットクリエイトコラム 3月号 2017

《目次》
【今月のひとこと】        マラソン
【足と靴の雑学】       足を測る
【書斎ウォーキング】      我、弁明せず
【今月のお知らせ】         靴の日

 

【今月のひとこと・ふたこと・みこと】      マラソン

簡潔は知恵の精神
冗漫は手足や虚飾だ
シェイクスピア

 

一カ月前には6:56分だった日の出の時刻、今月1日は6:27分と30分も早くな
りました。3月の声が聞こえてくると、気持ちもなんとなく緩んできますね。
先月に続いて「走る」話題で恐縮ですが、

 

先月、ロームシアター京都で、倉本聰作「走る」というお芝居を観ました。
「人は何のために走るのか。」「何に向かって走るのか。」というテーマを
もとに、走る意味を追い求めて、およそ40名の出演者が、90分間走りながら
語り掛けるというお芝居です。

 

自分自身も市民ランナーの端くれで、先月は、京都マラソン、東京マラソン
を続けて走ってしまいました。練習のとき、大会に出るとき、いつも「なん
でこんなしんどいことしてるんやろ」など考えながら走っているので、なお
さら、このお芝居は、共感することも多く、一緒に走っているような感覚も
覚え、引き込まれてしまいました。

 

人生や仕事はマラソンに例えられることがよくあります。ゴールに向かって
ひたすら走る。時には歩いたり、躓いたり、寄り道したり、戻ってみたり、
色々な事があるけれど、確実にゴールへと進んでいく。ただ走っているだけ
のマラソンが面白いと思うのは、そこに人生を見いだせるからなのでしょう
か。そろそろ暖かくなる季節。少し歩いたり走ったりしてみませんか。

 

今月は、2日間臨時休業をさせて頂きます。ご迷惑をおかけいたしますが、
お間違いのないように、ご来店ください。

 

 

【足と靴の雑学】            足を測る

フットクリエイトでは、予約制で足のカウンセリングを行っています。足と
靴のトラブルの原因はたくさんありますが、ご自身の足について、あまりご
存知無いということも原因の一つとなっています。

 

例えば、足のサイズ。「いつも23.5センチの靴を履いています」とお見えになっ
た方の足の実寸が、24.0センチだったということは、決して珍しいことではあり
ません。かく言う私も、この仕事をするまでは、自分の足のサイズなど測っ
たことはありませんでした。実際測ってみると、24.8センチと、ほぼ25.0センチも
あったのに、いつも履いていた靴は、24.5センチでした。痛いのは当然ですね。

 

足の寸法を測る際は、必ず立った状態で測ります。足に体重を乗せている、
いないでは、サイズが異なってきます。靴選びの際に必要な基本サイズは、
「足長」「足幅」「足囲」です。足長は、踵の骨の最も後方から最も長い足
趾(第1趾または第2趾)の先端までの直線距離を測ります。

 

足幅は、足の親指と小指のつけ根の関節部(出っ張った部分)を結ぶ直線を、
足囲は同じ部分をメジャーでぐるりと回して測ります。
しかしながら、靴メーカーによって出来上がった靴のサイズが異なること
も多いため、足のサイズを把握した上で、フィッティングにも十分な時間を
かけるようにいたしましょう。

 

 

【書斎ウォーキング】         我、弁明せず

「銀行は辞める。僕は、三井呉服店を工業部で担当し、誰かがきちんとしな
ければいけないと思った。それが責任だと思う。三井が呉服店を捨てるのは、
生き残るために仕方がないことだ。しかし呉服店は三井の原点だ。この事業
が、誰かわけのわからない者に渡って、どうにもならなくなることを黙って
見ているわけにはいかない」

 

日比は強く言った。
「かといって、君が引き受けたからといってうまく行くものでもないだろう」
成彬の気持ちのどこかに、日比が銀行に残ってくれないかという思いがあ
った。

 

「失敗するかもしれない。しかし今までとは全く違うやり方をする。ただ呉
服だけを売るのではない。」
「呉服だけではないのか」

 

「靴を履いたままでも店へ上がれるようにする。そして雑貨も売る」
日比は目を輝かせた。
成彬は、その斬新な発想にただ感心するだけだった。
「我、弁明せず」江上 剛

 

———————————–ひとこと———————————
明治から昭和にかけて、三井財閥のトップ他、日本の財界をリードした池田
成彬氏の生涯を描いた小説です。利益がでず売却されることになった「三井
呉服店」を日比という人が引き受けるべく、成彬とやりとりをしている場面
です。

 

 

【今月のお知らせ】

【フットクリエイト会員様 フットクリエイトにカルテが有る方】

今月は3月がお誕生日月のフットクリエイト会員様に 足の健康定期チェック
(無料)&特別割引を実施致します。3月中にご来店頂きました該当会員様
にはお誕生日特典として商品代金から10%の割引とプレゼントをご用意して
おります。(商品割引は今月中何回でもご利用頂けます。)
※以下、料金はすべて税別表示です。

 

 

【靴の日特別企画】             靴の日

当時はまだ無かった、日本人による日本人のための靴。3月15日は、元佐倉
藩士であった西村勝三が、様々な失敗や苦労を重ね、東京築地で製靴工場を
始めた日。「靴の日」は、それにちなんだ記念日です。

 

昨年に引き続き、「靴の日」月間として、近代日本における靴文化の創始
者に敬意を表したいと思います。フットクリエイトで人気の「パサパ」の3
モデルについて、あなただけのオリジナルカラーを作ってみませんか。

●期 間:3月15日(水)~31日(金)
●内 容:*パサパ3モデルオリジナルシューズカラーオーダー
数種類の革見本から、色をお選びください。カラーオーダーは
通常15%アップとなりますが、期間中に限り、カラーオーダー
料金は、サービスさせて頂きます。

 

 

ボディケアメニューのご紹介     詳しくはお問い合せください

 

●ゆがみーる姿勢教室         若干枠があります

日々の生活の積み重ねによって、多くの人が体にゆがみを抱え、肩こりや腰
痛、不定愁訴を感じていると言われています。姿勢評価システムを用いた測
定と、それに基づいた1人30分の個別指導を行います。空の或る日時をお知ら
せいたします。(先着順)

 

日時:3月18日(土) 13:00~、15:00~、16:00~、16:30~、17:30~
料金:測定2000円、指導(30分)2000円 セットで3000円
申込:個別指導のため、お電話でのお申し込みをお願いいたします。

 

 

●自力整体教室 毎週火曜日(祝日は除く)10:30~12:30 (少人数)

講師:ナビゲーター 安達実保氏
料金:1回 2000円  チケット4回分6000円

内容:自力整体とは人にしてもらう施術ではなく、自分の体の重みを使いツ
ボを加圧したり、揺さぶり、脱力しながら氣の流れを整えます。年齢を問わ
ず体が硬くても始められるセルフ整体です。

 

 

  • オプティマルボディケアセンター3月26日(日)(個別・要予約)      

中村先生

施術:中村 圭一氏 ナカムラ接骨院院長(長岡京市)柔道整復師、J.C.A日本カイロプラクティック総連盟認定カイロプラクター、JOPA 日本オステオパシープロフェッショナル協会講師

内容:柔道整復師として30年以上の実績を持ち、様々な手法を駆使した治療は,多くの患者さんからの支持や信頼を得ています。体のゆがみやそれに伴う種々の症状に向き合い、整骨、接骨、カイロプラクティック、オステオパシー・テーピングなどの技術による丁寧な治療を行います。

 

料金:初診料1000円税別(フットクリエイト会員様は免除)

施術料5000円税別(1回30~40分)※症状や施術内容により多少異なります。

外反母趾矯正テーピング片足1000円税別

 

 

◆定休日のご案内◆

3月5日(日)、6日(月)、12日(日)、13日(月)、19日(日)、20(月・祝)、

臨時休業23日(木)、24日(金)、26日(日)、27日(月)です。

フットクリエイトコラム 2月号 2017

 

《目次》

【今月のひとこと】            駅伝

【足と靴の雑学】          足の親指

【書斎ウォーキング】             超高速参勤交代リターンズ

【今月のお知らせ】           姿勢教室特別枠のお知らせ

……………………………………………………………………………………

【今月のひとこと・ふたこと・みこと】       駅伝

 

文明人は鉄道客車をつくったが、

自己の足を使うことを失った

エマーソン

 

2月は春の始まり。立春を過ぎると梅の花だよりも聞こえて参ります。とはいえ、まだまだ寒さ厳しい季節です。しかし、こんな季節だからこそ楽しめるのがマラソンです。マラソンは、個人競技ですが、それを団体競技にしたのが駅伝です。

 

今年は駅伝が始まって100年という記念の年、京都の三条大橋から東京上野公園までの508キロを23区間、3日間かけて走ったのがその始まりだと言われています。

 

京都は年末の男女高校駅伝、1月の女子駅伝と、駅伝に触れる機会も多く、私も1月は箱根や女子駅伝をテレビで楽しみました。特に今年の女子駅伝は、吹雪と言っていいほどの大雪で、あのようなコンディションの中を、47都道府県の選手全員が棄権もなく走り切ったことは驚異的でしたね。

 

責任は全て自分というマラソンとは違い、自分のコンディション、判断ミスなどがチーム全体の責任となる駅伝は、精神的なプレッシャーが非常に大きいスポーツです。しかし、「皆が良くなる社会を目指す」これからの時代には、とてもマッチするスポーツです。今月14日は市内の小学生による大文字駅伝が開催されます。良いお天気になりますように。

 

今月もよろしくお願いいたします。

 

 

【足と靴の雑学】             足の親指

毎日普通に生活しているときは、足の指や爪の役割など、特に意識しないまま使っています。しかし、足の親指に「巻き爪」などで痛みが生じたとたん、力を入れて歩けなくなるなど、初めて足指や爪の大切さがわかることがあります。足の親指について、興味深い記述があったので、紹介いたします。

 

ゴリラやチンパンジーは、骨盤からの大腿骨のつき方が、私たちとは違っていて、扁平な足裏の外側に体重がかかります。彼らが体を左右にゆすって歩くのはそんな理由からです。そして足の親指は、他の4本の指と離れています。そのような足が長年のうちに、太くずんぐりした親指に変化してから後に、今の私たちの足が造られていきます。

 

親指の変化が起こった後、それ以外の八本の指が短くなり、踵は長く細く、小さな骨と土ふまずのシステムが造られました。

 

そして、全身の骨の数のおよそ1/4がくるぶしから下に位置するようになり、それらの骨が合計141個の腱、筋肉、靭帯でつながれ、2700キロもの圧力を受けてもねん挫せず耐えられる、そんな驚異的な私たちの足が出来上がりました。

 

このような進化は、小さな連続した進化と、時に突然変異が伴う進化の組み合わせで起こっていると考えられています。

 

毎日当たり前に使っている私たちの足には、500万年という気が遠くなるような歴史が詰まっているのです。改めて足に感謝したいですね。

 

参考:「この6つのおかげでヒトは進化した」チップ・ウォルター著

 

 

 

【書斎ウォーキング】          超高速参勤交代リターンズ

「ま、待て!」

参勤目付たちは泡を食って藩士たちを追った。

 

湯長谷の一同は既に体が温まり、走るのに最適な状態になっていた。各自、集まる前に入念なほぐしを終えている。かつて東国一の忍び、雲隠段蔵に教えられた体の備えだ。呼吸を整え、足首は柔らかく、筋を伸ばし、事前の食は米を多くとる。また、走り出しては顎を引き、脇をしめて腕を大きく振る。歩幅は大きくとらず短く刻む。草鞋は厚くし、道の石や凸凹に左右されず走る。

 

闇の中を提灯が目にもとまらぬ速さで突き進むさまは、まるで鬼火のようであった。

 

目付たちは必死に追った。そばにいなければ見分することができない。しかし二人はまるで走り慣れていなかった。刀が重い。草鞋がゆるんでもはき直す暇とてない。

 

「くそっ、横腹が痛い」

「馬鹿もの、止まれば見失ってしまうぞ!」

「しかし奴ら、異様な速さだ」

 

「超高速参勤交代リターンズ」土橋章宏

————————————ひとこと—————————————

たった5日間での参勤交代を成し遂げた湯長屋藩に、今度は老中から2日間で国許へ戻るようにという命が発せられ、参勤の一同が策を練りながら道中を国へと向かっている場面です。

 

 

 

【今月のお知らせ】 

 

【フットクリエイト会員様 フットクリエイトにカルテが有る方】

今月は2月がお誕生日月のフットクリエイト会員様に 足の健康定期チェック(無料)&特別割引を実施致します。2月中にご来店頂きました該当会員様にはお誕生日特典として商品代金から10%の割引とプレゼントをご用意しております。(商品割引は今月中何回でもご利用頂けます。) ※以下、料金はすべて税別表示です。

             

 

  • メーカー生産終了のため在庫限りとなりました

 これまでファンの多かった靴―チャーミーシューズが、メーカ生産終了のため入荷しなくなりました。全体的にオブリークなデザインで、足指への負担も少なく、ハンマートゥの足にも優しい靴です。また、履き口が大きく開く仕組みになっていて、装具などを付けておられる方にも安心してお薦めできる一足でした。フットクリエイトには、あと数足在庫があります。必要な方は、お早目に確保してください。

ブラック:23.0、24.0、24.5㎝

ブラウン:23.0、24.0㎝

価  格:12000円

 

 

 

ボディケアメニューのご紹介     詳しくはお問い合せください

 

  • ゆがみーる姿勢教室         特別枠を設けました

日々の生活の積み重ねによって、多くの人が体にゆがみを抱え、肩こりや腰痛、不定愁訴を感じていると言われています。姿勢評価システムを用いた測定と、それに基づいた1人30分の個別指導を行います。

※2月はキャンセル待ちとなっていますが、特別枠を設定しました!まだ参加したことのないという方は、この機会にぜひご体験ください。

 

日時:2月3日(金) 各10:00~17:30

料金:測定2000円、指導(30分)2000円 セットで3000円

申込:個別指導のため、お電話でのお申し込みをお願いいたします。

定員になり次第締め切らせて頂きます。

 

 

  • 自力整体教室 毎週火曜日(祝日は除く)10:30~12:30 (少人数)

講師:ナビゲーター 安達実保氏

料金:1回 2000円 チケット4回分6000円もあります。(2/15更新)

内容:自力整体とは人にしてもらう施術ではなく、自分の体の重みを使いツボを加圧したり、揺さぶり、脱力しながら氣の流れを整えます。年齢を問わず体が硬くても始められるセルフ整体です。

 

  • オプティマルボディケアセンター  2月26日(日) (個別)13:00~16:30

施術:中村 圭一氏 ナカムラ接骨院院長(長岡京市)柔道整復師

J.C.A日本カイロプラクティック総連盟認定カイロプラクター、JOPA 日本オステオパシープロフェッショナル協会会員

内容:柔道整復師として30年以上の実績を持ち、様々な手法を駆使した治療は,多くの患者さんからの支持や信頼を得ています。体のゆがみやそれに伴う種々の症状に向き合い、整骨、接骨、カイロプラクティック、オステオパシー・テーピングなどの技術による丁寧な治療を行います。

 

料金:初診料1050円(フットクリエイト会員様は免除)

施術料5250円(1回30~40分)※症状や施術内容により多少異なります。

外反母趾矯正テーピング片足1050円

 

 

◆定休日のご案内◆ 

2月5日(日)、6日(月)、11日(土・祝)、12日(日)、13日(月)、19日(日)、20(月)、26日(日)、27日(月)です。

 

今月もよろしくお願いいたします。

フットクリエイトコラム 1月号 2017

 

《目次》

【今月のひとこと】         笑う

【足と靴の雑学】          靴の事故

【書斎ウォーキング】           無私の日本人

【今月のお知らせ】            感謝祭

 

【今月のひとこと・ふたこと・みこと】        笑う

 

批評家は競争を教える足のない人間である

ポロック

 

明けましておめでとうございます。旧年中は、多くの皆様にお世話になり、ありがとうございました。新しい一年が、世のすべての人にとって、素晴らしい歳となりますよう、お祈り申し上げます。

 

昨年12月23日、私は東大阪市にある「枚岡神社」のお笑い神事という行事に参加して参りました。枚岡神社は、生駒山系のふもとにある神社で、気持ちの良い「氣」が充満している大好きなスポットです。この神社で毎年開催されている「お笑い神事」とは、天岩戸にお隠れになったアマテラスを外へ出すために、岩戸の前で神々が宴会を催し、歌ったり笑ったりしたという神話に則ったもので、宮司さんの笑いに続いて3度笑ったあと、各自20分間笑い続けるという行事です。

 

20分も笑い続けられるのかと思いましたが、できるものです。免疫力が高まるなど、「笑い」の効用も色々と取り上げられていますが、全く知らない人とでも、「笑い」があれば一つになれる。そんな貴重な体験をさせて頂きました。

 

今年も「笑顔」で、皆様をお迎えしたいと思います。

 

 

【足と靴の雑学】              靴の事故

たかが靴、されど靴。普段は特に意識もせずに履いている靴ですが、毎日体重をしっかり受け止め、私たちの生活を足下から支えてくれています。最近では、海外から比較的価格の安い靴が輸入されるようになっていますが、それに伴って、靴が原因と思われる事故も増えています。

 

その事故で多いのが、ねん挫や打撲、擦り傷で、当然のことながら、足首から先のケガが多いようです。

靴で一体どんなケガをするのでしょう。具体的な事例を見てみると、

 

「靴の内部で、足裏があたる部分からクギや芯、針金などが突き出てきてけがをした」

「紳士靴の中底かかと部からびょうが出て、かかとに刺さった」

「スニーカーのかかと部に糸のついた針が斜めにささっていた」

というような、信じられない事例があるようです。

 

また、靴に使われる接着剤などが原因で、皮膚障害が起こり、靴が履けないほど足が赤く腫れあがり、ケロイド状になったというような事例も報告されています。

すべてが安い海外製品とは言えませんが、少しでもコストを抑えての靴作りでは、製品の安全性をチェックするような過程は省かれ、また、靴の材料も粗悪なものが使われているとも考えられます。

靴は、人の活動、生活を支える道具。大切な足を支える靴は、しっかりと選ぶようにいたしましょう。(国民生活センター事例より)

 

 

 

【書斎ウォーキング】              無私の日本人

何を思ったか、東里は米櫃の底にのこされた最後の米粒を掻きあつめ、鎌倉にむかった。そして、弟とともに、鶴岡八幡の鳥居下で、

――下駄

 

を鬻ぎはじめた。由比ヶ浜などから流木のかけらをひろってきて、下駄に仕上げ、参道のわきにならべて、参詣者に売るのである。

室町のころまで、この国の人々は社寺の聖域に立ち入るとき、下界の穢れを境内に持ち込まぬため、履物を脱いで裸足になることが多かった。江戸期に入ってもその名残があり、信心深いものは門前で履物を買いかえる。そのため、社寺の門前では履物が売れた。

 

「鳥居下で下駄を売る」

と言い出したのは東里のほうであった。弟は即座に顔をしかめた。この時代、路上の履物売りは、町のなかでもっとも蔑まれていた。

「兄上には学がある。御医者をすればよろしいではありませぬか」

 

といった。「なにも履物を売らなくても」という気持ちが、その口ぶりにはあらわれていた。

たしかに、そうであった。そもそもこの時代、医書を読みこなせるほどの士大夫が、路上で下駄を売るのは、考えられぬ話であった。

 

「無私の日本人―中根東里」磯田道史

—————————————ひとこと———————————————–

日本一の儒者であり、詩文家と言われた中根東里について書かれた小説です。この東里のような人物が、これまでの日本を築き上げてきたのだと、この小説を読んで、つくづく感じました。

 

 

 

【今月のお知らせ】 

【フットクリエイト会員様 フットクリエイトにカルテが有る方】

今月は1月がお誕生日月のフットクリエイト会員様に 足の健康定期チェック(無料)&特別割引を実施致します。1月中にご来店頂きました該当会員様にはお誕生日特典として商品代金から10%の割引とプレゼントをご用意しております。(商品割引は今月中何回でもご利用頂けます。) ※以下、料金はすべて税別表示です。

             

 

 

  • パサパのショートブーツがなかなかの出来栄えです

 つま先のゆとり、全体的なフィット感が抜群のパサパブーツ。昨年暮れより人気が急上昇しています。オーダーメイドインソールも装着でき、また幅を広げるオーダーも可能です。

サイズ:21.5~25.0㎝

カラー:ダークブラウンコンビ、ブラックコンビ

価 格:34,000円

 

 

 

  • お客様感謝祭            1月4日~14日

 毎年恒例となりました、お客様感謝祭。4日より始まります。今年はドイツやイタリアのブランドを扱う、エーアールシー様のご協力で、旬のブーツやウォーキングシューズなども取り揃えました。ぜひのぞいてみてください。期間中は、お買い上げに応じて、京都府与謝野町ブランド「京の豆っこ米」をプレゼントいたします。(プレゼントは十分用意いたしておりますが、数に限りがあります。ご了承ください)

 

 

 

ボディケアメニューのご紹介       詳しくはお問い合せください

  • ゆがみーる姿勢教室           

日々の生活の積み重ねによって、多くの人が体にゆがみを抱え、肩こりや腰痛、不定愁訴を感じていると言われています。姿勢評価システムを用いた測定と、それに基づいた個別指導を行います。

日時:1月14日(土)、27日(金) 13:00~18:00 要予約

料金:測定2000円、指導(30分)2000円 セットで3000円

 

 

  • 自力整体教室 毎週火曜日(祝日は除く)10:30~12:30 (少人数)

講師:ナビゲーター 安達実保氏

料金:1回 2000円 (初回のみ1000円で体験可)

内容:自力整体とは人にしてもらう施術ではなく、自分の体の重みを使いツボを加圧したり、揺さぶり、脱力しながら氣の流れを整えます。年齢を問わず体が硬くても始められるセルフ整体です。

 

 

◆定休日のご案内◆ 

1月1日(日)~3日(火)、8日(日)、9日(月・祝)、15日(日)、16日(月)、22日(日)、23日(月)、29日(日)、30(月)です。

 

本年もよろしくお願いいたします。

フットクリエイトコラム 12月号 2016

 

《目次》

【今月のひとこと】           歳を重ねる

【足と靴の雑学】          バビンスキ―反射

【書斎ウォーキング】             靴の話

【今月のお知らせ】           アサヒメディカル紳士用

 

 

【今月のひとこと・ふたこと・みこと】     歳を重ねる

 

千里の行も足下より始まる

老子

 

櫻井寿美

 

今年の紅葉時期は、これまでになく、京都市内はたくさんの人で一杯でした。特に外国からのお客様は凄い数ですね。その紅葉もそろそろ終わりを告げ、いよいよ師走。

 

1月生まれの私は、歳が明けたらすぐに1歳大きくなりますが、歳をとることは恐怖ではなく、また年齢とともに起こる体の変化も、生物なのだからあって然りと思っています。年齢を隠したり、無理に若作りする方が、不自然ですね。

 

若い頃は自分自身に、さほど自信もないが故に、無理にそれらしく見せようと頑張っていた気がします。しかし、今では無理して、本来の自分以上に見せようとは思いません。素のままが一番です。年齢を重ねるにつれ、そんな風に思えるようになりました。

 

幾つになっても、自分らしく年齢を重ねられるように、日々心がけて生きたいと思っています。今月もよろしくお願いいたします。

 

 

【足と靴の雑学】         バビンスキー反射

 

生まれたての赤ちゃんがおられるご家庭では日常的に見ておられるかと思いますが、新生児の手のひらに、何かを握らそうとすると、赤ちゃんは反射的にそれを握りしめようとする反応を示します。胎児期から持っている原始反射の一つです。お母さんのおっぱいを探すときの探索反射やおっぱいを吸うときの吸啜反射なども同じ反射です。

 

足にもこの原始反射があります。バビンスキ―反射と呼ばれるもので、足の裏を棒のようなもので踵からつま先にむけてこすると、足の親指が甲の方へ曲がり、その他の4本の指は扇状に外側に開くというものです。

 

この反応は2歳ぐらいまでの幼児さんに見られるもので、成長とともに消えていきます。私たちの祖先が樹上生活をしていた時のなごりで、木の枝を足指でつかむという動作と関連があるのではと、言われています。

 

このバビンスキ―反射が2歳を超えても無くならない場合には、神経の伝達路に異常がある可能性もあり、医学的な診断にも用いられます。

 

このほか、赤ちゃんを抱えて足を地面につけると、歩くような動作をする自動歩行反射など、太古からの名残が見られる赤ちゃん、お近くにおられるようでしたら、ぜひ観察してみてください。

 

 

【書斎ウォーキング】              靴の話

数日の後、我々は米軍に襲撃された。少し恢復してやっと歩けるようになっていた私は、遂に問題の靴を穿いた。それは稍小さく、靴下を脱がないと足が入らなかったが、既にここで死ぬことより考えていなかった私には、長途の行軍に差し支えるこの不便も、さして重大とは思われなかった。

 

私は死んだ僚友の靴を穿いて戦う運命にちょっと通俗な感傷を感じたが、結局私は一発も弾丸を射つことなく、叢林中に倒れていて米軍の俘虜となった。日本の軍服は剥ぎ取られたが、山中では米軍にも余分の靴はなかったので、靴はそのまま残された。

 

私の送られたレイテ島の俘虜病院の俘虜は靴を持っていなかった。長らく山中を彷徨した彼らは多く穿き潰し、たまたま穿いていた者もゲリラに奪われていた。靴は病院の支給品目に入っていなかったから、数人に一個の古靴が当てがわれ、患者はそれをかわるがわる用いていた。

 

自分の靴を所有する私は彼らの間の貴族であった。行軍には欠陥を暴露したはずの鮫皮の靴も、俘虜の病院で便所に通うにはむしろ軽くて便利である。ゴム底が土を踏む感触も柔らかく病人向きである。

「靴の話」大岡昇平

——————————-ひとこと———————————-

戦争が激化する1944年にフィリピンのマニラへ輸送され、その後米軍俘虜となった著者の、記録とも言える小説です。死んだ戦友の靴を穿かざるを得ない事実をみすえた一作です。

 

 

 

【今月のお知らせ】 

 

【フットクリエイト会員様 フットクリエイトにカルテが有る方】

 

今月は12月がお誕生日月のフットクリエイト会員様に 足の健康定期チェック(無料)&特別割引を実施致します。12月中にご来店頂きました該当会員様にはお誕生日特典として商品代金から10%の割引とプレゼントをご用意しております。(商品割引は12月中何回でもご利用頂けます。) ※以下、料金はすべて税別表示です。

             

 

  • アサヒメディカル男性用が入荷しはじめています

 

 ほとんどが女性のモデルの中、メディカル日本製のメンズモデルも!!

 

ぼちぼち入荷してまいりました。先日、NHKでも紹介されたその靴は、作り手さんの気持ちが伝わってくるような一足です。これまでのモデルを日本製に代えただけでなく、木型もより日本人の足に沿ったものへと進化しています。相変わらず色は限られていますが、お父さんの大切な一足を選んでください。

 

kv30021_t

サイズ:24.0~28.0㎝

カラー:ブラウン、ブラック

価 格:24,000円

 

 

  • ウォーキングブーツの在庫が少なくなってきています

 

 今年はヨネックスのウォーキングブーツが2種類入荷しています。いずれも、ウォーキングシューズベースで、この時期の普段履きとして活躍してくれる優れものです。そろそろメーカーにも在庫が少なくなってまいりました。ご入り用の方は、お早めに確保してください。

 

 

◆定休日のご案内◆ 

 

12月4日(日)、5日(月)、11日(日)、12日(月)、18日(日)、19日(月)、23日(水・金)、25日(日)、26日(月)、30(金)~1月3日(火)です。

 

新年は4日から営業いたします。

 

今年も一年間ありがとうございました。良き新年をお迎えください。